家にあるものでできる超簡単な化粧崩れを防止法を徹底調査

朝きれいに時間をかけて化粧して出て行ったのに、着いたら化粧崩れしていてせっかくの化粧が台無し。
そんな経験はありませんか?

 

化粧崩れはその根本の原因を知っていれば簡単に防止できます。
ここでは化粧崩れのポイントと、簡単に防止できる方法をまとめています。

 

そもそも化粧崩れはなぜ起きるのでしょうか?
それはスキンケアに大きな原因があります。

 

例えば、皆さんが日々手をかけているお肌のお手入れ。
実はそのお手入れも、化粧崩れの原因になるのです。

 

化粧崩れの原因は顔の油分が原因

 

スキンケアをする際に、クリームは欠かせません。
実はこのクリームには油分が多く含まれており、化粧崩れの原因になります。

 

化粧を落とす際に、オイルクレンジングや、クリームクレンジング、最近は拭き取りクレンジング等、色々でてますよね?
メイクは油分に弱いのです。

 

試しに綿棒にワセリンをつけて、ポイントメイク落としに使ってみてください。
かなり簡単に落ちます。

 

ワセリンはメイク落としではありませんが、メイク落としじゃなくても、メイクは落とせるのです。

 

乾燥肌だからと肌にたくさんのクリームや、オイルをつけてその上に化粧をすると、
肌にメイクが崩れる原因をたくさんのせている事になるのです。

 

これではせっかくきれいにメイクしたのに、自らメイクが崩れやすい原因をのせているも同然です。
でも乾燥肌の人にはスキンケアで足す油分は欠かせません。

 

メイク崩れの防止には、家に必ずある”アレ”を使いましょう

 

前にもお伝えした通り、メイク崩れを防止するには油分をコントロールする必要があります。
ではメイクをする前に、せっかくつけたクリームの油分をどうやってコントロールしたら良いのでしょうか。

 

それは、家にある”ティッシュペーパー”で簡単にコントロールできます。

 

要は余分についてしまった油分を落とせば良いので、
家にあるティッシュを一枚とり、2枚に重なってると思うので一枚剥がし、薄い一枚のティッシュにします。

 

その薄い一枚のティッシュを顔の上にのせ、軽く押さえます。
特に化粧崩れがしやすく、油分が溜まりやすい場所、小鼻の脇なども忘れない様に軽く押さえます。

 

ここで注意してもらいたいのは、決して強くこすったり、何回もティッシュで押さえたりしない事。
明らかに肌がすでにテカっている場合は、テカリを押さえる様にティッシュで押さえます。
これだけでかなりの化粧崩れが防止できます。

 

油とり紙を使いたくなる人もいるかもしれませんが、油とり紙は油をとる力が強いので、
テカリが強い時や、夏場の汗をかきやすい時期だけで良いです。

 

そもそもクリームを化粧前につけすぎなければ良いのですが、加減の分からない方は、
このティッシュで軽くおさえる方法と、軽く押さえた後に、化粧崩れ防止専用の下地をつけることがおすすめです。

 

ポイントメイクの化粧崩れの防ぎ方

 

全体の化粧崩れの防止方法をお伝えしました。

 

ここではだれもが体験した事があるであろう、
目の下等のポイントメイクの化粧崩れの防止方法です。

 

アイメイクの際に使うアイライナーもマスカラも、こちらも油分に弱いです。
目の下辺りはアイクリームをつけてたり、意外に油分が溜まりやすい場所です。
油分にも涙にも対応できるのが、ファンデーションの後にのせる”フェイスパウダー”です。

 

アイライナーを引いた後には同じ色のアイシャドウを上から重ねるだけで化粧防止ができます。
目の下には必ずフェイスパウダーを細めの筆や指に軽くとってのせます。

 

パウダーをのせすぎてしまった場合は筆等で払うと余分な粉が落とせて、仕上がりもよりきれいに仕上がります。
実はこのパウダーを朝の足メイクに余分に足すだけでメイクの持ちは格段に良くなります。

 

アイシャドウもパウダーなので、例えば下瞼にアイライナーを引いた場合、その上にアイシャドウを重ねるだけでも
化粧崩れは防止できます。

 

夏場に汗をかきやすい時期でもフェイスパウダーをしっかりのせていれば、簡単に化粧崩れする事はありません。

 

どうしても化粧崩れしやすい方は、ファンデーションも夏用にセミマットの汗に強いものが出ているので、
専用のファンデーションをのせた後に、しっかりパウダーをのせてください。

 

ファンデーションとフェイスパウダーは全てのメイクの土台になるので、
ここで油分が溜まっていると確実に化粧崩れしやすくなるので、気をつけてください。

 

眉に関しては、通常通り眉を描いたあと、上から軽くフェイスパウダーをはたくと消えにくくなります。
この時パウダーをのせすぎるとせっかく描いた眉が薄くなってしまいますので、軽くで大丈夫です。

 

最後にチェック

 

化粧崩れは原因と防止方法が分かっていれば簡単に防止できます。
今回は家にあるもので誰でもできる、特別化粧品を買い足さなくてもいい方法をまとめました。

 

これらの方法は夏でも冬でも関係なく応用できます。
気になる化粧崩れを防いで、きれいな化粧で一日を過ごしましょう。